更新情報

働かなくてもお金が貰える時代へ。仮想通貨を学ぶということは、ブロックチェーンを学ぶことに繋がるわけで、これから起こる革命的な未来を予測できることに繋がります。 未来を予測できれば、その時、自分はどうありたいか?今、何をすべきか?が見えてくると思いますhttp

ウィンクルボス兄弟発案!米ドルステーブルコイン「ジェミニ・ドル(GUSD)」とは?最近、注目を浴びているステーブルコインとはいったいどんなものなのでしょう? ステーブルコインとは、ステーブル=安定という名の通り、価格が比較的安定しているコインという意味ですが

「Zaif」ハッキング被害の補償、10月22日より手続き開始。前にもお知らせしましたが、Zaifの利用者がFCCEから補償を受けるためには、各利用者が事業譲渡を承諾する必要があります。10月22日以降にZaifのログイン後、画面で手続きができる予定となっているとのことです。https

週末、日光二荒山神社へお参りに行ってきました。そうしたら、QRコードでお賽銭が支払えるよう、立て札が立っていました昨年の夏頃、キャッシュレス化が進んで、神社のお賽銭も携帯かざして「ピッ!」と決済、なんて時代がいずれ来ますよ。と、あちこちで話していたのが、ま
『QRコードでお賽銭を決済する時代が来ました』の画像

2018年10月18日(木)20:00〜アメジスト香港主催、仮想通貨初心者向け、無料ウェビナーを開催します。なんと!無料ウェビナーなのに、2019年名波はるか仮想通貨卓上カレンダーを全員にプレゼントしてくれるそうですえ?名波のカレンダーとかいらないって(笑)いえいえ、こ

重要AION保有の方には重要情報です。AIONはETH系トークンから独自ブロックチェーンに移行します。今日、バイナンスがAIONのトークンスワップのサポートを発表しましたバイナンスでは、AIONの入出金は2018/10/15午前10時(UTC)から中止になるので、それまでにバイナンスに

Zaifを運営するテックビューロが、フィスコ<3807>の持分法適用関連会社のフィスコ仮想通貨取引所(FCCE)へZaif事業を譲渡することになった。事業譲渡契約の締結によって、FCCEがZaifの利用者に対し、仮想通貨の返還などの補償を行うことが決定されたことになる。Zaifの利用

ビットコインのマイニング報酬は今いくら?採掘が終わったらどうなる?という記事を書きました。ビットコイン全体の発行枚数は、2100万枚と決められています。その全てが、今既に世に出ているかというとそうではなく、今まだ世の中に流通していないビットコインがあり、マイ

昨夜はなんと、1967年のシャトームートンロートシルトを飲ませていただいてしまいました2018−1967=51。なんと51年ものですお値段は恐ろしくて聞けませんでしたが、値段以前の問題で、自分が生まれるよりも前に誕生し、51年もの間、世界中で愛される5大シャトーのワインが
『51年もののシャトームートンロートシルト』の画像

仮想通貨の中でビットコインが一番価格が高いのはなぜ約1600種類以上ある仮想通貨の中でも、ビットコインの価格はダントツで高いですよね。なぜだと思いますか??アサヒ芸能の連載に寄稿した記事です。3分ほどでさらりと読める記事なので、ぜひ読んでくださいhttps://cryp

↑このページのトップヘ