リップル(Ripple/XRP)を2020年に開催される「東京オリンピック」で利用できるようにすることを求めている署名運動が海外で話題となっており、賛同者の数はやがて10,000人に達しようとしています。

2020年には、かなり仮想通貨決済が世界中で広まっているんじゃないかと思います。