今年の目標のひとつ、「減酒」ということで、今週から今まで週1回だった禁酒日を週2回にすることにしました。
まぁ、週5回も飲むの!?
と逆に驚かれそうですが、それくらい、毎日飲むことが習慣になってしまっていたんですね(^^;)

飲まないと辛いのが、なかなか眠れないこと。
これが辛くて、毎日飲んでしまうというのもありました。
不幸か幸いか、二日酔いが全くないので、たくさん飲んでも二日酔いもなく、目覚めもスッキリと良いので、「睡眠の質」というものを考えたことがなかったのですが、やはり酔って寝てしまうと睡眠の質は下がるという事が言われています。

レム睡眠、ノンレム睡眠という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

レム睡眠では、脳の一部は起きている時と同じように活動していて、夢などを見るのも主にレム睡眠の時です。

ノンレム睡眠中は「脳が休息している」状態と言われています。

レム睡眠とノンレム睡眠は約90分の周期で規則正しく繰り返されます。レム睡眠の後は必ずノンレム睡眠が現れます。これが一晩に5、6回繰り返されます。

寝る間際に飲酒すると、眠り始めた最初の段階で通常のレム睡眠よりはるかに深い眠りとなます。

「深く眠れてるんだからいいんじゃないの?」と考えがちですが、ノンレム睡眠もレム睡眠もバランスが重要です。

アルコールを飲んで寝てしまうと、このレム睡眠が安定せず、グラフのようになってしまうのだとか。

レム睡眠の周期が安定しなくなると、しっかり寝れたと感じても、脳と身体の疲労の回復がしにくくなり、結果、「質の良い睡眠」ではない、ということになるのだそう。

と、いうわけで、最初は眠れないかもしれませんが、最近は無理に寝ようとせず、本を読むことにしてみました。

PCや携帯はブルーライトなどの影響によって余計眠れなくなると言いますし、何より、インターネットは自分で検索して情報を得ることが主なので、脳みそが余計冴えてしまうのです。

何より、今年の目標の1つに「本を読む」というのもあるので、本を読んで、だんだん読んだ内容が頭に入らなくなってきたな、と感じてからベッドに入って寝る、というのを素直に受け入れてみることにしました。

眠らなくちゃ、と強迫観念のように思うより、眠たくなったら寝よう、と考えることで、気持ちも楽になります。

変に睡眠薬なんかを飲むと、それこそアルコール以上に依存性があるというので、薬などは飲まないようにした方がよいと思います。

まぁ、あまり飲まない方にとっては、「大丈夫なの!?」とか、こと大きく感じてしまう方もいるかもしれませんが、アルコールが習慣化されてしまうことや、アルコールを飲まないとなかなか眠れないといった症状は、飲む人には結構あることです。

アルコールを飲む人の26人に1人くらいはこういった症状で悩んでいるそうです。

アルコール依存症では?と言う人がいるかもしれませんが、病院で診断されるアルコール依存症は、1日たりともお酒を我慢できない、アルコールがないと精神的に落ち込むなど、絶望的な気持ちになるなど、かなり重症なものを言います。

私の場合、飲まなくても十分楽しくいれているので、「ダイエットしたいのに、甘いものがやめられない」と、似たようなものです。

お酒が減り、読書量が増えていく。
まさに今年の目標なので、徐々に慣らして習慣化したいと思います(#^^#)

追記・「寝なくちゃ」というプレッシャーがなくなったせいか、本を読んで少し眠くなってきたところでベッドに入ったら、比較的すぐに寝ることができました!
そして、久しぶりに「夢」をみました。
飲酒して寝ると、上手くレム睡眠が取れない、ということは、夢が見れないということです。
確かに、お酒を飲んで寝た後に夢を見たことはなかったと思います。
良質な睡眠を取れるように、減酒、引き続きがんばっていきます(#^^#)

IMG_2803