アゼルバイジャン観光、「乙女の塔」
バクーのシンボル的な小さな塔です。
登るとバクーの街が一望できます。

小さな塔ですが、実は元はお城。
乙女の塔と呼ばれる名前の由来は、身分違いの恋人との仲を裂かれ、無理矢理結婚させられそうになった王女が、塔から身投げしたという伝説から付けられたそうで、当時は塔の下はカスピ海が広がっていたのだそうです。

アゼルバイジャンの夕暮れ時の街並み、美しかったです

IMG_4645
IMG_5069