つまり、取引量のほとんどがビットコインであり、イーサリアムなどの取引量は少ない。
少ない取引しかないETHの度重なるハードフォークをサポートするのは費用がかかりすぎるのだとか。


イーサリアムを上場廃止、ビットコインに特化。
イギリスの仮想通貨取引所が選択した理由とは? 

イギリスで最も長く運営されている仮想通貨取引所コインフロア(Coinfloor)は来月、イーサリアムの上場廃止を計画している。
ハードフォークの将来が不透明であること、厄介な技術サポートが必要であることをその理由にあげている。

1月3日からビットコインのみサポート

コインフロアはまた、2年前に登場したビットコインキャッシュも上場廃止とする。1月3日から、コインフロアはビットコインのみをサポートする。
偶然にも1月3日はビットコインの最初のブロックが誕生した日。ビットコインの11周年記念日だ。

この計画は、暫定的に2020年初頭に予定されているイーサリアム2.0のローンチに先立って行われる。
イーサリアム2.0では、エネルギー消費型の合意メカニズムであるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行プロセスを開始する。

コインフロアの決定は、イーサリアムのようなコインの技術的なトライアルと試練をフォローするために特定の専門知識を持ったチームを育成することは、小規模な仮想通貨取引所にとっては費用がかかりすぎる可能性があることを示している。
特に取引量のごく一部にすぎない場合はなおさらだ。

https://www.coindeskjapan.com/31760/ #coindeskjapan